会社概要お問い合わせサイトマップ
生産システム設計.COM

電子回路基板の設計段階からのコストダウン・品質向上を実現する技術情報サイト

「東海エリア 電気電子 技術セミナー」

東海モノづくり企業を支える無料技術セミナー

new

第49回 2019年6月21日(金)浜松市楽器博物館5F

セミナー開催時間 14:00~16:30 (受付時間: 13:30)

半導体の基礎知識【受付終了】

  • トランジスタ、ダイオードの種類と性能
  • データシートの読み方

東芝デバイス&ストレージ(株)

定員50名

毎回違うテーマを専門の講師を招き、開催しています。

過去セミナー風景
公開風景1公開風景2
年間スケジュールの詳細はこちら申し込み(無料)はこちら
申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら
電子回路設計の基礎知識
電子回路設計の設計における勘所
電子回路板用語集
運営会社
事務局長のつぶやき
事務局長のつぶやき
良くある質問集
お問い合わせください
関連リンク集
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第49回

2019年6月21日(金)

東芝デバイス&ストレージ(株)

第50回

2019年7月19日(金)

日本ケミコン(株)

第51回

2019年9月20日(金)

マキシムジャパン(株)

第52回

2019年10月25日(金)

ツカサ電工(株)

第53回

2019年11月22日(金)

ハギワラソリューションズ(株)

第54回

2019年12月13日(金)

(株)タムラ製作所

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込

技術者のつぶやき

MLCCメーカー DARFON

投稿日:2019年06月14日(金)

新しい年号が令和となり経済状況が良くなるかなと思っておりましたが、米中貿易摩擦の関係で、全くよくなりませんね。また、いつ良くなるのかもなかなか見えない状況です。弊社もただ指を加えて市場が良くなるのを待つのではなく、皆さまに必要とされる新しい製品の取り扱いを増やす事に注力しております。その中で、先月、中国に訪問を行い、MLCCの台湾メーカー“DARFON”の工場監査を行ってきました。監査結果も問題なく、今後取引を増やして代理店として販売していく予定です。村田製作所製の1608サイズのMLCCが廃止になること、また、昨年のような供給難に至った場合併用使いで型式登録されていれば、なにかと役に立つはずです。また、価格感も日系メーカーより安価ですので、そのようなお考えがある方は、ぜひ、東亜エレクトロニクス株式会社へご相談下さい。

6月開催 東海電気電子技術セミナー 東芝「半導体の基礎知識」の受付終了しました。

投稿日:2019年06月12日(水)

6月に入り、梅雨の季節で過ごしにくい日が続いております。
全体的な景気についても梅雨の季節に入ったのか、マイナスな話が多くなってきております。
弊社が開催している東海電気電子設計技術セミナーですが、6月21日開催予定の半導体の基礎知識は、多くのお客様からの出席を頂まして、定員に達しました。誠に有難いことです。
今回残念な事に大きな会場が予約が取れなかった事で、一部の方に出席出来ずお断りをしたケースがございます。
7月以降の東海電気電子技術セミナーにご参加頂ける場合は早めにお申し込みをお願い申し上げます。

DARFON製MLCCの取り扱い始めました。

投稿日:2019年05月31日(金)

今週トランプ大統領が来日し大きな話題になっておりましたが、米中貿易摩擦により経済への影響が拡大しようとしております。
先週、私も中国へ出張に行ってきました。DARFONというMLCCメーカーの工場監査を行いましたが、工場の稼働率は昨年に比べてかなり落ち込んでおりました。多くの日系企業が監査されているという事で文書管理や工程管理面ではきちんと管理されておりました。1005サイズ以上の対応も可能ですので、M社の置き換えで検討していこうと思っております。
昨年はMLCCが非常に入手難で皆様もお困りだったと思いますが、直近では供給が安定しております。ただお客様の在庫調整で手配を一斉に止めていることが要因ですので、おそらく今後は供給が厳しくなることが予測されます。
お困りの場合は、お気軽にお問合せ下さい。

無線と電波の基礎知識 応用編について

投稿日:2019年04月09日(火)

4月19日(金)の技術セミナーは「無線と電波の基礎知識 応用編」を開講する予定です。
セミナー講師は昨年4月も講師を担当して頂きました株式会社サーキットデザイン様です。
無線モジュールでの技適取得は今となっては一般的でありますが、一昔前は技適が取得を出来るのは製品のみという時代が有りました。同社は根拠としての「通信機」の基準の法的解釈を基に幾度も総務省に通い、無線モジュールの状態でも技適取得が可能である事を国内で始めて実証した会社です。その実力から無線機器と電波に関する技術力は極めて高く、業務用途として無線の免許不用で使用可能な各周波数帯の無線モジュールを数多く取り揃えています。
また、無線の技術者の育成にも積極的であり、「技術情報ページ」では学術計算を用いた無線伝播の解説など、詳細な技術情報の開示を行っています。

「技術情報ページ」
http://www.circuitdesign.jp/jp/technical/technicaltool/tTool8.asp
今回のセミナーにおきましても参加を頂いた方が無線に関する知見を深め実用的な基礎知識を持ち帰って頂く事を想定しております。Wi-FiとBluetoothしか無線を知らない方もいらっしゃるかと思いますが、他にどのような周波数帯が国内に認可され、どのような用途に利用可能であるかについても同社の無線モジュールを例にして説明の予定です。受講料は無料です。無線に関心が有る方はお早めにお申込みをお願いします。

「技術セミナー受講申し込みフォーム」
http://toukai-denkidenshi-sekkei.com/seminer/entry.html

IoT化に伴うセンサ応用について

投稿日:2019年03月21日(木)

IoTの普及拡大に伴いセンサが爆発的に増え続けている中で、いろいろな情報やデータが飛び交っております。センサと言っても様々なセンサがあります。それぞれの用途に応じたセンサが各センサメーカーから出されおりますが、お客様のニーズは多種多様になっており、なかなかご要望にあった汎用製品が出ていないのが現状で、各社開発費を投じて対応している会社がほとんどです。
100%データが取れないといけない用途については、センサを複数個つけたり、安全機能を設けたりしないといけません。
また、そのデータをどのように分析して活用するか?が課題となっております。
世の中の流れで、「トップからIoT化しなさい。」、と言われているご担当者様も多いかと思いますが、何をどのようにすれば良いか分からず、取りあえず展示会やセミナーに出席して情報を取っているのではないでしょうか?
通信についても、無線が良いのか優先が良いのかも分からない状態だと思います。
そのような事でお悩みの方は、弊社にご相談頂ければ少しでもお力になれると思いますので、よろしくお願い申し上げます。

電子回路基盤について設計製造のお問い合わせ
半導体・電子部品の即納在庫品 検索ページ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

2019年6月21日(金)

半導体の基礎技術

東芝デバイス&ストレージ(株)

2019年7月19日(金)

コンデンサの基礎技術

日本ケミコン(株)

2019年9月20日(金)

アナログ回路の基礎技術 

マキシムジャパン(株)

2019年10月25日(金)

モータの基礎技術

ツカサ電工(株)

2019年11月22日(金)

産業用PCとストレージの基礎知識

ハギワラソリューションズ(株)