東海電気電子設計.COMタイトル
高周波技術ハンドブック無料でお送りします 申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら

HOME > 技術セミナー事務局長のつぶやき一覧

事務局長のつぶやき

WEBで電子部品を調達する場合のご注意

2022年07月29日(金)

今年は梅雨があっという間に終わってしまい、過去に無い長い夏になる事が予感されます。
30℃を超える日も続いていますので、熱中症や水の事故には十分にお気を付け下さい。
さて、電子部品の不足は依然として改善する様相が無い事からWEB上の販社から緊急調達を行う機会が有るかと思います。今回はWEBの販社から「市場在庫品」を調達する場合の注意事項(=リスク)をご紹介します。

①メーカーの品質保証の対象外です。

メーカーが品質を保証するのは、あくまで正規代理店の商流を経て供給された製品のみです。入手時点で梱包が解かれて小分け(リールカットや再テーピング等)された製品は品質保証の対象外である上「市場在庫品」は出荷元を辿る事(トレーサビリティ)が出来ませんから、不具合が検出されたとしても製品の解析調査には一切応じる事はございません。

②保証期間は販社が定めた期間である。

前期の通り「市場在庫品」はメーカーの品質保証外であるため、販社が独自に保証期間を定めています。ただし保証の方法は「返金」もしくは「代品の準備」で、それ以上の対応はありません。保証期間が有るだけ良心的であり、ノークレーム/ノーリターンを謳っている販社もございます。

③不具合の解析やその証明は購入者が行う。

不具合が検出された場合、販社は解析や特定の対応は行いません。初動対応から全て購入者側で対応を行なわざるをえません。ただし、不具合が特定できたとしても快く保証対応を行う販社も有れば、そうでない販社もございます。

④デートコード(製造年)が古いものや鉛含有品が有る。

「八方に手を尽くしてやっと入手したら1995年製の鉛含有品だった」のような話をよく耳にします。デートコードが古い電子部品はリードのメッキが酸化していたり、内部が吸湿して動作異常を起こすリスクが非常に高いので、手を出さない事が賢明です。また、販社には悪意が無くても確保先が鉛含有品を故意に混入させるケースもございます。

⑤ニセモノ(模倣品)が存在する。

デートコードが古いよりも問題なのはニセモノです。業界では「模倣品」として言葉が統一されています。中小の販社だけでなく大手の販社からでも見つかる事が有ります。外装箱から精巧に模倣されていますため視覚的なチェックをスルーしてまい、基板への搭載後に電気的な特性が出なかったり全く動作しない事で発覚します。販社の補償程度ではとても損害は填補できませんから、搭載してしまった場合の被害は甚大です。

⑥価格は時価である。

「市場在庫品」の価格は、正規品の元値は基準とされず需要と供給のバランスで決まります。流通が少なく探す方が多いと自然に高くなります。例えば、正規品で@15円のフォトカプラが@1500円出さないと買えないなどは通常です。なお、メジャーでない販社のサイト複数社で特定の型式品名の検索を続けていると販社間ネットワークの情報共有で単価が吊り上げられてしまうケースが有ります。

⑦環境影響物質の調査には応じられません。

環境影響物質の非含有の保証やchemSHERPAによる対応を希望する事が有ると思いますが、メーカーは「市場在庫品」の品質保証には一切関わりませんので対応を頂けません。その他、海外への輸出で税関に提出する際に必要な該非判定書についても同様です。(メーカーがHPで公開している場合を除きます)

上記7項の内容の通り、売る側は有利で買う側は不利な取引になります。弊社もWEB上で電子部品の在庫を公開して提供を行っておりますが、不特定に対する販売を目的として確保したものでなく販売やプリント基板の製造を行う事を目的に弊社自身がメーカーから調達したもののみです。トレーサビリティに関してはご安心下さい。

在庫の検索や調達のご相談は、電子部品在庫検索までお願いします。


« 前ページへ
次ページへ »