会社概要お問い合わせサイトマップ
生産システム設計.COM

電子回路基板の設計段階からのコストダウン・品質向上を実現する技術情報サイト

「東海エリア 電気電子 技術セミナー」

東海モノづくり企業を支える無料技術セミナー

第44回 2018年10月19日(金)浜松市楽器博物館6F

セミナー開催時間 14:00~16:30 (受付時間: 13:30)

フラッシュメモリの基礎知識

  • メモリの原理と構造
  • フラッシュメモリ使用時の注意点

東芝メモリ㈱ 殿

定員50名

毎回違うテーマを専門の講師を招き、開催しています。

過去セミナー風景
公開風景1公開風景2
年間スケジュールの詳細はこちら申し込み(無料)はこちら

東海 電気電子 設計.COMでは、東海エリアの電気・電子のものづくり企業と連携をして試作のネットワークを 構築しています。これにより、お客様は特定分野ごとの協力会社を探すことが不要となり、東海 電気電子 設計.COMにご相談いただければ、あらゆる分野で単品の試作から、量産までの垂直立上が可能となります。

申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら
電子回路設計の基礎知識
電子回路設計の設計における勘所
電子回路板用語集
運営会社
事務局長のつぶやき
事務局長のつぶやき
良くある質問集
お問い合わせください
関連リンク集
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第44回

2018年10月19日(金)

フラッシュメモリの基礎知識

東芝メモリ(株)様

第45回

2018年11月30日(金)

設計に役立つ水晶の選び方

日本電波工業(株)様

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

(株)村田製作所様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込

電子回路設計の基礎知識

Ⅱ. 電子部品の種類
  受動部品とは

受動部品とは、与えられた指示で自身から機能することは無いが、能動素子と組み合われることで機能します。受動部品には、抵抗、コイル、コンデンサがあります。

抵抗

抵抗とは、電流を流れにくくすることにより、電流の変化を電圧に変換したり、電流の制限を行い、電子回路を正常に動作させるための、とても大切な部品の1つです。抵抗値はΩ(オーム)という単位で表され、抵抗値が大きいほど電気の流れを妨げる力が大きくなります。水の流れに例えると、動作を理解しやすいと思います。抵抗値を求める場合は、オームの法則を利用することで、値を求めることが可能です。

オームの法則 : 抵抗(R)=電圧(V)÷電流(I)

コイル

コイルとは、電線を巻いた構造になっており、インダクタとも呼ばれます。単位はH(ヘンリー)です。コンデンサと同じようにエネルギーを蓄えることができます。電線に電流を流すと磁束が発生します。この磁束は電源を切ってもそのまま残り続けます。電気エネルギーが磁気エネルギーに変換されてコイル内に残っていることになります。コンデンサは静電気を蓄えますが、コイルは磁気エネルギーとして蓄えます。

コンデンサ

コンデンサとは、キャパシタとも呼ばれ、電気を蓄えたり放出する働きがあります。単位はF(ファラド)です。絶縁体を向かいあった金属板にて挟む構造なため直流電流は通しませんが、交流電流を流すと蓄電と放電を繰り返すため電流が流れます。コンデンサは蓄電や放電を繰り返すことで、電圧を安定させたり、余計なノイズを取り除く働きがあります。コンデンサにはいくつかの種類があり、特性に応じて「誘電体」の材料を変えています。主な種類として、電解コンデンサ、セラミックコンデンサ、フィルムコンデンサ、電気2重層コンデンサなどがあります。

電子回路基盤について設計製造のお問い合わせ
半導体・電子部品の即納在庫品 検索ページ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第44回

2018年10月19日(金)

フラッシュメモリの基礎知識

東芝メモリ(株)様

第45回

2018年11月30日(金)

設計に役立つ水晶の選び方

日本電波工業(株)様

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

(株)村田製作所様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込
請負ネットワーク
セミナー申込
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ 東亜エレクトロニクス 東亜ホールディングズ セットトップボックス設計・製造.com 生産システム設計.com