会社概要お問い合わせサイトマップ
生産システム設計.COM

電子回路基板の設計段階からのコストダウン・品質向上を実現する技術情報サイト

「東海エリア 電気電子 技術セミナー」

東海モノづくり企業を支える無料技術セミナー

第46回 2018年12月14日(金)浜松市楽器博物館6F

セミナー開催時間 14:00~16:30 (受付時間: 13:30)

電源ICの基礎技術

  • 電源の種類と用途
  • 用途に適したデバイス紹介

イサハヤ電子(株)殿

定員50名

毎回違うテーマを専門の講師を招き、開催しています。

過去セミナー風景
公開風景1公開風景2
年間スケジュールの詳細はこちら申し込み(無料)はこちら

東海 電気電子 設計.COMでは、東海エリアの電気・電子のものづくり企業と連携をして試作のネットワークを 構築しています。これにより、お客様は特定分野ごとの協力会社を探すことが不要となり、東海 電気電子 設計.COMにご相談いただければ、あらゆる分野で単品の試作から、量産までの垂直立上が可能となります。

申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら
電子回路設計の基礎知識
電子回路設計の設計における勘所
電子回路板用語集
運営会社
事務局長のつぶやき
事務局長のつぶやき
良くある質問集
お問い合わせください
関連リンク集
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

イサハヤ電子(株)様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込

電子回路設計の基礎知識

Ⅱ. 電子部品の種類
  機構部品とは

機構部品とは

機構部品とは、素子を接続したり固定したりする機械的な機能を持つ部品であり、コネクタ、プリント基板、端子、スイッチがあります。

プリント基板

プリント基板とは、その上に電子部品を固定、配線し、電子回路を構築するための部品のことで「ベアボード」「生基板」などと呼ばれています。電子部品が実装された基板は「プリント回路板」と呼ばれます。基材は硬質なものが一般的ですが、シート状で曲げられる柔らかい素材(フレキシブル基板)のものもあります。また、配線を一方の面のみに行なうもの(片面基板)と、表裏両面に施すもの(両面基板)があります。さらに、銅箔を何枚も重ねて基板と基板の間にも回路を形成したものを「多層基板」と呼びます。例えば、表裏2面と各基板の間の2層に回路を形成したものは4層基板になります。

コネクタ

コネクタとは、ケーブルや電子部品などを他の部品に簡単に着脱できるようにする部品です。用途によって様々な形状や大きさがあり、形状によってソケット・プラグ・アダプタと呼ばれ、多くは工業規格で標準化されています。様々な用途で使用されますが、はんだ接着などと比べ、簡単に、繰り返し着脱できることから、容易に配線などを整えることができます。

スイッチ

スイッチとは、電気回路の切り替えまたは、開閉に用いられる器具です。小規模の設備では、スイッチの多くは手動で操作します。押している間だけ、動作するものもありますが、大部分は、次の操作を行うまでその状態を保ちます。用途やよって様々な形状があるので、機器に合わせた選定が必要になります。

電子回路基盤について設計製造のお問い合わせ
半導体・電子部品の即納在庫品 検索ページ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

イサハヤ電子(株)様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込
請負ネットワーク
セミナー申込
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ 東亜エレクトロニクス 東亜ホールディングズ セットトップボックス設計・製造.com 生産システム設計.com