会社概要お問い合わせサイトマップ
生産システム設計.COM

電子回路基板の設計段階からのコストダウン・品質向上を実現する技術情報サイト

「東海エリア 電気電子 技術セミナー」

東海モノづくり企業を支える無料技術セミナー

new

2022年8月25日WEB技術セミナー(Zoom)

セミナー開催時間 10:15~12:00 (受付時間: 09:45)

熱対策セミナー Part4

  • 部品の小型化・高熱流束化と熱問題
  • 基板放熱の重要性と設計指針

KOA株式会社

定員500名

毎回違うテーマを専門の講師を招き、開催しています。

過去セミナー風景
公開風景1公開風景2
年間スケジュールの詳細はこちら申し込み(無料)はこちら
申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら
電子回路設計の基礎知識
電子回路設計の設計における勘所
電子回路板用語集
運営会社
事務局長のつぶやき
事務局長のつぶやき
良くある質問集
お問い合わせください
関連リンク集
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第71回

2022年8月25日

熱対策セミナー Part4

KOA株式会社

第72回

2022年11月17日(木)

熱対策セミナー Part5

KOA株式会社

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込

電子回路基板における勘所

Ⅲ.実装・レイアウトを考慮した
基板設計のポイント

2. Viaのショートを回避するためのポイント

before

プリント基板設計において、部品を実装しないvia同士が近接していたり、レジスト処理をしないように設計すると、DIPはんだ作業時に、はんだによって接触してショートが発生することがあります。手直しが必要となるなど品質が安定しない場合があります。

ビフォーアフター
after

プリント基板設計において、 via同士の間隔をあける、viaの銅箔部分にレジストを塗布するように設計することで、 DIPはんだ作業時に、はんだによって接触してショートなどの不良発生を低減させることができます。意図的に一列にせず位置をずらすことも間隔をあけることができるため有効です。

DIP作業時に、via同士の間隔をあけたり、不要部分へのはんだ付着が無いようにレジスト処理をしておくことで、実装不良を低減させることができます。DIPの方向を考慮して意図的に位置をずらすことも有効です。製造後の故障を予防することにもなりますので、レジスト処理の実施が望ましいです。

電子回路基盤について設計製造のお問い合わせ
半導体・電子部品の即納在庫品 検索ページ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第71回

2022年8月25日

熱対策セミナー Part4

KOA株式会社

第72回

2022年11月17日(木)

熱対策セミナー Part5

KOA株式会社

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込
請負ネットワーク
セミナー申込
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ 東亜エレクトロニクス 東亜ホールディングズ セットトップボックス設計・製造.com 生産システム設計.com