会社概要お問い合わせサイトマップ
生産システム設計.COM

電子回路基板の設計段階からのコストダウン・品質向上を実現する技術情報サイト

「東海エリア 電気電子 技術セミナー」

東海モノづくり企業を支える無料技術セミナー

new

第44回 2018年10月19日(金)浜松市楽器博物館6F

セミナー開催時間 14:00~16:30 (受付時間: 13:30)

フラッシュメモリの基礎知識

  • メモリの原理と構造
  • フラッシュメモリ使用時の注意点

東芝メモリ㈱ 殿

定員50名

毎回違うテーマを専門の講師を招き、開催しています。

過去セミナー風景
公開風景1公開風景2
年間スケジュールの詳細はこちら申し込み(無料)はこちら
申し込みはこちら イプロス申し込みはこちら
電子回路設計の基礎知識
電子回路設計の設計における勘所
電子回路板用語集
運営会社
事務局長のつぶやき
事務局長のつぶやき
良くある質問集
お問い合わせください
関連リンク集
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第44回

2018年10月19日(金)

フラッシュメモリの基礎知識

東芝メモリ(株)様

第45回

2018年11月30日(金)

設計に役立つ水晶の選び方

日本電波工業(株)様

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

(株)村田製作所様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込

電子回路基板における勘所

Ⅳ.高品質な基板を製造するための
機構設計のポイント

3. 発熱部品を考慮した筐体設計

before

電子機器設計時に、発熱をする部品が多数有る場合は、無理に小さなケースに押し込むと、空気の対流が発生せず、温められた空気がケース、部品の隙間等に滞留することになります。温められ滞留した空気は逃げるところがなく、どんどん温度が上昇してしまいます。

ビフォーアフター
after

電子機器設計時に内部温度を下げるには、発熱量に応じた空間が必要になります。つまり、電気機器の空気の体積が大きい方が発熱がゆっくりとなり、スムーズな対流が発生します。
体積を考慮したケース設計をすると、発熱部品以外の部品を暖めないで効率の良い対流を生み出すことができます。

筺体設計をする際は、ケース内に十分なスペースをとることが重要です。十分なスペースがないと空気の対流が発生せず、ケース内の温度はどんどん上昇してしまいます。筺体設計をする際は、堆積を考慮することで、効率の良い対流を生み出すことができます。

電子回路基盤について設計製造のお問い合わせ
半導体・電子部品の即納在庫品 検索ページ
東海 電気電子 技術セミナー 2014 年間スケジュール

第44回

2018年10月19日(金)

フラッシュメモリの基礎知識

東芝メモリ(株)様

第45回

2018年11月30日(金)

設計に役立つ水晶の選び方

日本電波工業(株)様

第46回

2018年12月14日(金)

電源ICの基礎知識

(株)村田製作所様

過去セミナー閲覧
セミナー申込
セミナー申込
請負ネットワーク
セミナー申込
ハマトウカンパニー フラッシュサポートグループ 東亜エレクトロニクス 東亜ホールディングズ セットトップボックス設計・製造.com 生産システム設計.com